« 永田寿康氏の姿を見て | トップページ | 自分の「思想」―淘汰されて残るもの »

2006年3月 5日

食に関する面白い偏見

所用で佐世保へ行った。

先日テレビで、長崎ではひな祭りのときに、桃のカステラを食べたり贈ったりする習慣がある、という話が出ていた。「へぇ、どんなもんだろう? 食べてみたいな」と思っていたら、昨日行った先でちょうど出してくれた。

ふつうの長方形のカステラと違って、上から見るとまさに桃の形。カステラの上に砂糖菓子がのっている感じで、砂糖の部分は桃に見えるようにデザインしてある(写真を撮っておけばよかった……)。味はだから、ふつうのカステラよりかなり甘ったるい感じ。でも、おいしかったです。

夜はお鮨をいただく。佐世保に来たときに食べる鮨は、いつもおいしい。久しぶりに、たらふく鮨を頬張った。そう、頬張ったと言いたいぐらい、ねたは大振りだった。満足、満足。

僕の思い過ごしかもしれないが、北部九州つまり大分・福岡・佐賀・長崎あたりの人たちは、「自分たちはうまいものを食っている」という自負心が強い。逆にいうと、「他のところの人たちはふだんあまりうまいものを食っていない」という大いなる誤解というか偏見がある(僕のまわりだけかもしれないけど)。だから、家で食事をふるまうときですら、客に対して平気で、「うまいでしょ?」と聞く。実に面白い人たちだ。

かくいう僕もそのひとり。東京から友人が来たりすると、「どうせうまいの食べてないだろうな」という先入観が働いて、「うまいでしょ?」と、つい口走ってしまう。言ったあとに、言った自分がおかしくて、心のなかで笑ってしまう。だって、良い物はぜーんぶ、東京に集まっているんだから。

ちなみに僕らの間では、同じ九州でも、宮崎の人はおいしいものを食べていない、という怖ろしい偏見がある。

|

« 永田寿康氏の姿を見て | トップページ | 自分の「思想」―淘汰されて残るもの »

コメント

ども。おひさです。

私も、たまたま今日の昼は寿司だったんですよね。京都市内某所で食べたんですけど、ハマチとマグロと鉄火と生中と・・・あとなんだっけ。忘れたけど美味かったですよ。

寿司なら江戸前、という先入観があるけれど、大阪には大坂寿司、いわゆる箱寿司や押し寿司やバッテラなどがあり、京都にも鯖寿司の名店がいくつかあります。九州のお寿司というのも興味深い。いつか機会があったら食べてみたいものです。

そんなわけで、豊葦原瑞穂之国の海幸彦と山幸彦に感謝感謝です。

投稿: 鉄血人文主義者 | 2006年3月 5日 20:32

どうもお初です。
佐賀県出身です。
佐賀の人も米とかお酒とかそれなりに自信を持っているのですが、
唐津の人の、食に対する自負心は本当にすごい。
確かに海鮮系だけでなくいろいろおいしいものがある。
それでも、くんち(お祭り)で外からの人にあれだけ振舞うという自信はすごいと思います。

投稿: John | 2006年3月 5日 23:48

>鉄血さん

京都も食は豊かですよね。名店を巡ってみたいです。

九州の寿司で僕が知っているのは、「大村寿司」という長崎県・大村の伝統の押し寿司です。

本当に、わが国の山幸海幸には感謝ですよ。

それから、TBありがとうございます。そちらの返事はまたあとでします。

>Johnさん

どうも、はじめまして。

唐津周辺だと、最近は呼子のイカが全国的に知名度を上げているんじゃないでしょうか。

唐津のように、九州北部でも海沿いはとくに、食に関する自負心が強いような気がします。基本は魚がうまいからなんでしょうね。でも、仕方ない気もしますよ。本当においしいもの(と決めつけてしまうのがいけないんでしょうが)。

先日、大分へ行ったとき、その日の朝獲れたばかりのヒラメの刺身を、昼食でいただきました。卒倒するほどのうまさでした。

投稿: マンデリン | 2006年3月 6日 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食に関する面白い偏見:

« 永田寿康氏の姿を見て | トップページ | 自分の「思想」―淘汰されて残るもの »