« 圧倒的に有利な検察側 | トップページ | 東京にて雑感 »

2006年2月 4日

消費し尽くせない「他者」

2日前になるが、突然ある旧知の男性の方が訪ねてこられた。もう何年もお会いしておらず、その間に僕もいろいろあって環境が変わり、なんとなく会うのが億劫になっていた。

1時間ほど近況を話した。話しながら、「ああ、この方、だいぶ変わられたなあ」と感じた。昔は正直いって、ちょっと取っ付きにくいところがあったが、先日はだいぶ温和な雰囲気で、とても話しやすかった。

僕はなんとも思っていなかったが、向こうは、音信不通でずっと心配していたという。これを他の人から聞いたら「嘘だろ?」と思いたくなるところだが、本人と言葉を交わしてみて、「本当に心配してくれていたんだな」ということを感じた。わざわざ会いに来ていただいて、素直に感謝の念が湧いてきた。

ずっと前に、茂木健一郎さんが自身のブログでこう書いていた。

「他者というのは、絶対に消費され尽くせない」

「そうなんだよなあ」と、今回の邂逅で実感した。自分が描く他者のイメージは、当たっていようが当たっていまいが、それはどこまでいってもその人の「部分」でしかないし、またその人は、そのイメージとは無関係に、時間とともに常に変化し続けている。

山あり谷ありの僕の人生のなかで、変わらず連絡をくれている人たちがいる。そういう人たちにあらためて感謝しなければいけない。そのなかには、メールや電話ばかりで、ながらく会っていない人たちもいるので、機会をみつけて声をかけてみようと思う。会えばきっと、それぞれに新たな発見があるだろうから。

人気blogランキング

|

« 圧倒的に有利な検察側 | トップページ | 東京にて雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費し尽くせない「他者」:

« 圧倒的に有利な検察側 | トップページ | 東京にて雑感 »