« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月23日

党首討論―もうちょっと余裕を

いわゆるメール問題はおいといて、一般的な話をしたい。

昨日の党首討論のハイライトをニュースで見たが、いつ見ても、この討論はへんちくりんな感じがする。イギリス議会のやり方を真似するのはいいが、あの演台といい、椅子といい、両者の距離といい、立って話しているときの姿といい、それらひとつひとつの全体との調和といい、すべてが何かおかしくないだろうか? 似て非なるのも甚だしくて、まるで子どもの学芸会を見せられている気分になる。

中身については、他の委員会とは違う位置づけでせっかく討論をするのだから、言質を取ろうとか、政策推進をはかろうとかはあまりせず、大局的なことであれ、細かい政策の話であれ、本質について議論ができればいいのではないだろうか。そのうえで、党首討論は一種の政治ショーという位置づけでいいと思う。国民がわくわくしながら見守るような、そして国民に政治的関心を持たせるような場であってほしい。

日本とイギリスは、議会政治の伝統も言語体系も国民気質も違うので、一概に比較して述べてはいけないだろうが、討論する際に、日本の政治家はもうちょっと余裕をもって、上質なユーモアのひとつぐらい自然に出てくるようになったほうがいいのではないだろうか。もちろんこれは、政治家だけに限った話ではなくて、日本人の気質の問題だろうが。ちょっとした言葉に感情的に反応したり、すぐに「総理、真面目に答えてください」と怒ってみたり、かといって、深い話をするでもなく。つまらない、あまりにもつまらない。

イギリスの、たとえば毎週水曜に30分行われる、Prime Minister's Question Time(首相への質問時間)は、そのままコメディとして売り出したらいいと思うぐらい、やたらと面白い。議会サイトで映像が見られるし、新聞のGuardianが音声をポッドキャスティングで配信している(議会サイトで議事録が出ているので、音声と合わせると理解しやすい)。真面目な討論をしてはいる。しかし、それだけで押し通すと息が詰まりそうなところを、ちょっと力を抜いてずらすことで、みんなを生き返らせる。こういうところが大人の国だなと思う。小泉首相はその点、このイギリス的な感覚を多少持ち合わせているような気がする(麻生外相にも同じような余裕を感じる)。

日本人らしく、日本語らしく討論すればいいだろう。しかし、笑いのひとつもなく、真面目な話をただ真面目にしか語れないようでは、粋ではないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月21日

野上弥生子―漱石先生への思い

臼杵でいちばん時間をかけたのは、野上弥生子文学記念館だった。彼女の作品はまったく読んだことないが、漱石門下ということで興味をひかれた。

展示のひとつに、漱石先生への思いが綴られているものがあった。曰く

「世界からどんなに喝采されようとも、
先生に否定されるやうなものなら恥しいと思った。
そんなものは決して書いてはならない」

同じく漱石の弟子であった芥川龍之介が、どこかで同じようなことを書いていた。弥生子とはまったく逆の言い方だが、先生に褒められさえすれば、他の人にはどんなに批判されてもいい、そんな趣旨の内容だった。芥川が漱石に作品をみせて、喜んだり落ち込んだりしている姿を想像し、僕は妙に感動したものだった。それと同じことを、この文学館でも感じた。

漱石門下というのは、僕の知る限りこういう心酔者ばかりだ。そうさせるだけの何かが、漱石に備わっていたのだろう。それは何だったのだろう?

師弟というのは大きな賭けだ。ついて行くべき人を誤っているかもしれないからだ。にも関わらず、いやだからこそ、その賭けに全身で飛び込んでいける弟子の姿は美しいと思う。

弥生子が漱石からもらった初めての手紙が展示してあった。そこには、細かく技術的な問題が書かれていた。彼女はきっと、その書簡を大事に保管していただろう。そして、99歳で逝去するまでの長い長い作家生活の間、漱石先生は彼女の頭のなかで、常に第一の読者であり続けたに違いない。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日

臼杵の印象

この週末、所用で大分県の臼杵へ行った。時間があったので、市内をゆっくりと散策した。

臼杵は不思議な土地だ。時代が幾重にも交差している。

二王座歴史の道 平安から鎌倉の頃にできたという国宝の石仏群が外れの方にある。街自体は、戦国のキリシタン大名・大友宗麟がここに城を構えてから形成されていった。南蛮貿易で栄え、異国情緒あふれる街だったという。江戸期は稲葉氏によって統治され、その頃の城下町の通りが一筋残っている(右の写真。「二王座歴史の道」)。

しかし、歩いてみてもっとも感じるのは、昭和の雰囲気だ。僕がかすかに記憶している、もしくはもっと古い戦後日本の田舎の町並みが、臼杵にはそのまま残っている。30年か40年昔にタイムスリップしたら、きっと全国にこんな田舎町があっただろうと思われる、そんな場所だ。正直言って、昭和というのは決して美しいものではないなと思った。

とあるギャラリーでコーヒーをいただいた。他に誰もいなかったので、お店をやっているお兄さんとしばし懇談。

彼、生まれも育ちも臼杵だそうだ。子どもの頃、辺りには長屋がたくさんあったのだという。最近、市が観光に力を入れていて観光客が増えているとか、この建物は築200年以上でけっこう柱が傾いているとか、ギャラリーの絵はお父さんが描いたものだとか、そんな話をした。「僕はどうしようもない息子で」と言っていたが、いえいえ、とっても楽しい会話ができました。

そうそう、生まれて初めて、グラスでホットのコーヒーを飲んだ。「どうしてグラスなんですか?」と聞くと、「ただ、家で飲むのと違った感じで飲んでもらいたいから、それだけですよ。取っ手がないから、みんな飲みにくいと言うんです」と笑って答えていた。

野上弥生子文学記念館 このお店を紹介してくれたのは、すぐそばにある野上弥生子文学記念館(右の写真。野上弥生子は臼杵の生まれ)の受付のお姉さん。ぱっちりとした目と、鼻にかかった声が印象的な美しい女性で、入口を入った瞬間、虚を衝かれた感じだった。受付に似合わないなあと思った。

元来暇な仕事なのだろう、帰り際見ると、分厚い単行本を読んでいた。その姿を見て、「いや、やっぱりこの人は、ここの受付にぴったりの人だな」と思った。品のある女性が本を読んでいる姿は、いっそう美しい。思わず声をかけたくなって、「どこかおいしいコーヒーが飲めるところありませんか?」と尋ねたのだった(でも、コーヒーが飲みたかったのも確かだ)。

このふたりの存在は、僕の臼杵の記憶のなかで強く残るだろう。一期一会かもしれないが、今度訪問したときに、また会えたらなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日

女性は仮面をかぶる

初対面の看護士の女性と、化学物質の毒性についてしゃべっていたら、化粧に話が及んだ。

「女性は毎日、石油を顔に塗りたくっているようなもんですね。たいへんだ」
「でも、楽しいんですよ。別人になるんだから。その日の気分でメイクを変えたりしてね」
「へぇ、じゃあ女性っていうのは、いつも仮面をかぶっているわけだ」
「そうですよ、その仮面がたくさんあるんです」

彼女とのやり取りは始終こんな感じで、小気味好かった。とくにこのくだりがとても気に入った。

その快さを消さないために、続けて『仮面の告白』の話をするような野暮なことはしなかった。でも……

仮面をかぶるから、真の自分を素直に出せるのだろうか?
仮面をかぶっているからその人格も偽りで、本当の自分ではない自分を演じることができるのだろうか?
告白は、本当の告白か嘘の告白か?
そもそも本当の自分なんて自分でわかるんだろうか?
意識的に仮面のつもりが、無意識では仮面でなかったりして?
仮面と告白は結びつくのか?

「仮面の告白」というタイトルはうまくできていて、考えれば考えるほどややこしくなる。いろんな見方があるようだが、どこまでいっても正解なんてない。彼女の「仮面」という言葉に引きずられて、そんなことを後で考えていた。

「仮面がたくさんあるんです」と言ったこの女性が、仮面をかぶることをどうとらえているのかはわからないし、わかったとして、それを文学と結びつける必要もない。ただ、「楽しいんですよ」と言ったときの、彼女の声の響きと表情は、本当に楽しそうだった。その場面を思い出すたびに、軽やかな気分になる。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日

生と死、どちらを考えても苦しい

朝早く、兄が電話をしてきた。何事かと思ったら、なんと僕の生存を確認するためだった。僕がいるところと同じ地域で、しかも同じ階で、男性が火事で焼死したらしい。ニュースを見て、もしかしてと思ったというのだ。実際は、どこか近くのマンションでの出来事だった。

電話を切ったあと、ベッドでまだ朦朧としながら、「俺はまだ生きているんだな」と思った。心臓が動いている限り人間は死なないが、逆にいうと、このドクドクという動きが止まっただけで死ぬんだなと思うと、ものすごく怖くなったことがある。

現代人の生活環境は、死に至る危険に満ちている。車や飛行機だけではない。ふだん口にする食べ物すら、しばしば毒である。日常的にいつ何が起きてもおかしくないのが現代だ。だから、「俺は次の瞬間死ぬかもしれない」とよく思う。

死ぬのはまだ怖い。しかし、老いるのもまた嫌になることがある。美しく老いたとしても、それに満足して生きていけるだろうか? 人間は確実に身体が効かなくなってくる。それは憂鬱ではないかと時々思う。そうまでして人間は生きなければならないだろうか? もちろん僕だって、生きなければならないと思うし、生きる価値はあると言うだろう。しかし、ふとした瞬間、そうだろうかと疑問に思うときがある。生き続けることが苦痛になったらどうしようと考えることがある。

生きること、死ぬこと、どちらを考えても苦しい。しかし、それでいいではないか、それでこそ人生じゃないかと思う。「生も歓喜、死も歓喜」というレベルに達するには、よほどの精神修行が必要で、人間そんなに簡単にそこまで到達しない。到達してたまるか、という思いもある。しかも、そういう境地に達しても、やはり時々は怖い気持ち、嫌な気持ちが湧き起こってくるだろうと思う。それが人間らしくていいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日

日蓮の書き物を音読する

最近、日蓮の御書全集を手に取って、時々音読している。「一生成仏抄」(「生死一大事血脈抄」の間違い。2月14日訂正)という書き物を全部暗記したという知人の話に感化された。

日蓮といえば、一般的に有名なのは「立正安国論」や「開目抄」などだが、これらは音読するにはちょっと長いので、他の短めのものをいくつか読んでいる。日蓮の文章はとてもリズムが良い。だから音読したくなる。

なんだかんだいって僕のなかには日蓮の精神が宿っているわけで、これはいろんなものを消し去ったあとも残るものだと思う。なので、御書を読むと、「おぉ」と盛り上がってくるものがある。日蓮は良くも悪くも激しい。

日蓮には偏見を持っている人も多いだろうし、実際に偏ぱな部分もある。しかし、短い消息文(手紙)などは人間的に味わい深いものが多いし、教義の面を省いても納得できるところは多々ある。たとえば「一生成仏抄」のなかに次のようなくだりがある。

「又衆生の心けがるれば土もけがれ心清ければ土も清しとて浄土と云ひ穢土と云うも土に二の隔なし只我等が心の善悪によると見えたり」

これなどは、「自分の心ひとつで、自分を取り巻く環境は変えることができる」という姿勢を生みだすだろう。

柄谷行人のマルクスではないが、日蓮の「可能性を読む」という作業は大事なことだと個人的に思っている(もちろん他の哲学者にもあてはまることだ)。特定の宗教というのを超えて、日蓮の思想には学ぶべき点はあると思うし、人にも語っていきたいと思う。まあ、こう考えるので、よけいに自分がどこに立っているのかわからなくもなるのだが……。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月10日

「男系」は智慧の表れでは?

皇室典範改正案の今国会提出、政府が見送り方針

紀子様ご懐妊の報は、「絶妙なタイミング」と形容したくなるようなものだった。表現が適当かどうかわからないが、昨今の皇室典範改正の動きについて、秋篠宮ご夫妻はある種の「使命感」ともいうべき「危機感」を持たれていたのではないだろうか。そんなこととはまったく関係ない自然の賜りものかもしれないが、改正に反対の立場の僕としては、そう思いたくなってしまう。

ご懐妊をうけ、永田町は一気に改正慎重論へと傾き、ついに今国会での法案提出見送りとなった。もちろん男のお子さまができるかもしれないという期待からだ。裏返すと、改正論者といっても結局、男系男子を維持できたらそのほうが良いという考えを抱いている人がほとんどだった、ということだ。

小泉さんがなぜそんなに急ごうとしていたのか、本当によくわからない。愛子様が就学の年齢に近づいているから、天皇になるという意識をもって帝王学を学んでもらうためには、今のうちに皇室典範を変えておかなければいけない、ということを首相は言っていた。しかしそれは、たいした問題ではないのではないだろうか? 皇室という想像もできないほど別次元の環境にいるのだから、そこで育つだけで、すでに一般国民とは感覚や思考はまったく違ってくるだろうと思われるからだ。また、その延長上にしか、天皇像もないだろうと思う。そもそも今の陛下の代からは、かなり自由な教育を受けてこられたという。

天皇は歴史上ほとんど実権を持たなかったが、支配体系の形式的中心であり続けた。これを男系に限ってきたからこそ、重要で危険な地位にも関わらず、連綿と血はつながってきたのではないだろうか。女系でもよいということであれば、選択肢が一挙に増加してしまい、それだけ抗争も増え、天皇家を取り巻く政治環境はもっと不安定だったろうと思う。だから、男系に限定することは、天皇家とその周辺のひとつの智慧ではなかったかと思いたくなる。もちろん、それで万世一系の秘密がすべて語られるわけではないが、限定しかつそれを維持することで正統性が高められてきたのではないだろうか。そして、正統性が高まれば高まるほど、それに対抗することが難しくなっていったのではないだろうか。そして何より、男系で万世一系を保ち統治の象徴とすることが、政治を実質的に担ってきた人たちの智慧ではなかっただろうか。天皇は、現憲法下において初めて象徴となったのではない。

2000年以上せっかく無理して維持してきたのだから、できるところまでそれを続けていったらいいではないか。「もう男系男子で継承者が誰もいなくなった」という状況になってからでも、改正は遅くない。またそのときには、いろんな智慧が湧いてくると思う。しかし、もしこれで今度のお子さまが男子でなければ、そのときは今まで以上に改正論者の主張は強まるだろうな……。

まずは、改正見送りの方針を決めた政府は、常識的な判断をしたと思う。

<補足>
最初、タイトルを「男系男子は~」としていたが、歴史的には男系女子もいるので、一応「男系は~」に変更した。しかし、実質的に皇位継承の対象となってきたのは男系男子だし、現皇室典範も男系男子しか認めていない。それに、男系女子は男系の血筋の人と結婚しない限り、子孫は一転して女系になってしまう。ゆえに、男系と書いても、それはほぼ男系男子のことだと理解してもらって差し支えない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年2月 8日

共同体の外部にいる「私」

「私」という存在は、いったいどこに立っているのだろうか? 行きつけの喫茶店で遅めの昼食を取りながら、僕はそんなことを考えていた。

なぜそんな疑問が湧いてくるのか? それは、まわりの多くの人がある宗教的共同体に所属していて、その人たちにどうしようもない壁を僕は感じるからだ。おそらくこの壁は、そこと全く関わらずに生きてきた人が、傍目から感じている違和感とは意味あいが違う。僕は以前そこに(思想的には)どっぷり浸かっていたし、今でも同じ形式の信仰をしているという意味では、片足突っ込んでいるようなものだからだ。僕は、共同体の内部にいるようで、実質的に外部にいる。ここには、かなりの精神的緊張が伴っている。

柄谷行人が言うように、共同体には「他者」がいない。そこでは、他者は執拗に排除されている。排除することで共同体が成立しているのだ。共同体内部の人間は反論するだろう、「他者はいる」と。しかし、それは自分たちの価値や世界観に理解を示す者だけだ。それは本当の他者ではない。つまり他者の「他者性」が決定的に欠けているのだ。そこにあるのは「我」=「我々」であって、独我論だけだ。「バカの壁」はあるが、「対話」はない。それが僕には耐えられない。

共同体内部にいるまわりの人間は、共同体に入ろうとしない(=活動しようとしない)僕を、いぶかしみ、かわいそうに思い、ひどいときは「わかっていない奴だ」と見下す。それが宗教というイデオロギーだといってしまえばそれまでだが、皆が皆この点に気を揉み、その観点から人間の評価をしようとするのだから、その思考パターンの一致が面白くて仕方ない。

僕にとっては、内部化するほうが無難である。しかし、一度見えるようになってしまった「外部性」、共同体の外側に広がる他の共同体との「空間、隙間」から共同体を見つめる目を持ってしまった今、それはもはや不可能だ。柄谷は言う、デカルトの「われ思う、ゆえにわれ在り」は、「疑いつつ、われ在り」であると。デカルトが疑ったのは彼が所属していた共同体の規則体系であり、それを疑うなかに「精神」があり、「この私」という実存があったのだ。僕は僕なりに自分の経験に照らし、このデカルトが立っていたような空間に立つしかないと思う。それがどんなに微妙であり、危ういものであろうと。

実は、こういう議論自体、この宗教的共同体では「二乗」(=頭でっかちで、本質を体得していない)だとして、何の考慮もなく否定される。自分たちを認める前提の議論なら、どんな稚拙なものでも受容するくせにだ。自分たちを認めないものはすべて無意味であり、無価値であり、悪なのだ。それで幸せな人はそれでいい。しかし、僕はそんな独善と独我論にうんざりなのだ。

食後2杯目のマンデリンを飲みながら、多少頭がくらくらしつつ、そんなことを考えていた。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日

東京にて雑感

久しぶりに東京へ来ている。ちょっと来ない間に、噂どおりやたらと高層マンションがあちこちに建設され、全体としてはますますuglyな都市になっている感がする(ヨーロッパ人には、この混沌ぶりがたまらないらしいが)。

こちらで仕事をする傍ら、コンサルティングをしている窯業機械の製造会社から、また新たに販売契約ができたという喜びの連絡が入った。僕の思惑どおり、異業種との契約がいくつか進んでいて、満足している。

付け焼き刃で英語を教えた姪っ子も、今まででいちばんの高得点だったということで、喜んでいた。今後、本格的に教えて、この子をクラスでいちばん英語ができる生徒にしたいと思っている。

他にもいろんなことが良い方向へ動きつつある昨今だが、一方で知的に満足できていない自分がいる。もっと勉強をしないといけないし、知的な対話をして刺激を受ける機会を持つ必要がある。これ、久しぶりに東京の友人たちに会っての率直な感想。アカデミックとビジネス両方の力を兼ね備えなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日

消費し尽くせない「他者」

2日前になるが、突然ある旧知の男性の方が訪ねてこられた。もう何年もお会いしておらず、その間に僕もいろいろあって環境が変わり、なんとなく会うのが億劫になっていた。

1時間ほど近況を話した。話しながら、「ああ、この方、だいぶ変わられたなあ」と感じた。昔は正直いって、ちょっと取っ付きにくいところがあったが、先日はだいぶ温和な雰囲気で、とても話しやすかった。

僕はなんとも思っていなかったが、向こうは、音信不通でずっと心配していたという。これを他の人から聞いたら「嘘だろ?」と思いたくなるところだが、本人と言葉を交わしてみて、「本当に心配してくれていたんだな」ということを感じた。わざわざ会いに来ていただいて、素直に感謝の念が湧いてきた。

ずっと前に、茂木健一郎さんが自身のブログでこう書いていた。

「他者というのは、絶対に消費され尽くせない」

「そうなんだよなあ」と、今回の邂逅で実感した。自分が描く他者のイメージは、当たっていようが当たっていまいが、それはどこまでいってもその人の「部分」でしかないし、またその人は、そのイメージとは無関係に、時間とともに常に変化し続けている。

山あり谷ありの僕の人生のなかで、変わらず連絡をくれている人たちがいる。そういう人たちにあらためて感謝しなければいけない。そのなかには、メールや電話ばかりで、ながらく会っていない人たちもいるので、機会をみつけて声をかけてみようと思う。会えばきっと、それぞれに新たな発見があるだろうから。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日

圧倒的に有利な検察側

毎日毎日、ライブドアにからむ新しい話が出てくる。「関係者によると」っていうけど、関係者って誰?と疑問に思わないだろうか。きっとほとんど特捜部が出どころなんだろう。

どうせ検察に都合のいいものばかり、もしくは都合のいい解釈で流されているに違いない。なぜなら、今のところ弁護士以外、堀江氏や他の容疑者には接見できないのだし、その弁護士にだって取調べの内容はまだわからないはずだから。

被疑者や被告が、自分の房へ資料を入れることは可能だ。しかし、量的に制限されている。しかも、いちいち担当の刑務官に「願いごと」として申し出をし、検閲を得てからしか手元に来ない。手紙もすべて検閲される。

かたや、取調べをする検事側にはすべて揃っている。豊富な資料をもとに、細かいことを聞いてくるだろう。もしくは、話をでっち上げるだろう。それに対して、被疑者・被告が頼りにできるのは、はっきりいって自らの記憶しかない。記憶なんていい加減なものだ。だからこそ、検事は自分の持っていきたい方向へ話を持っていける。とくに共犯がいる場合は都合がいい。「あいつがこう言っている」と言うだろう。被疑者・被告にできる最大の抵抗は、調書に指印をしないことだ。しかし、指印を押さなければ、容易に保釈もしてくれない。

ひと通り刑事訴訟法を読んだことがあるが、字義どおりに勾留や取調べが行われているとは、とても思えない。刑事事件では、検察側が圧倒的に有利なのだ。この力関係で検察が勝てないとしたら、よほどの愚か者が検事をやっていることになる。ライブドア事件では、つわもの検事が指揮を執っていると書かれているが、こんなアンバランスな状況だったら、誰だってやり手検事になれるでしょう?

昨日、田原総一朗氏が外国特派員協会でこう述べている。

検察が逮捕したから即ち犯罪だというのは大間違い。検察は逮捕する前に地図を描き、そこに色を塗っていく。描いた地図が間違っていた場合は、事実の方を歪める。ロッキード事件、リクルート事件もそうだ。

僕は別にライブドアの肩を持つつもりはない。堀江さんは悪いことをしたかもしれないし、していないかもしれない。しかし、今の段階で何かを決めつけるのは違うんじゃないかと思う。とくに本人が拘置されていて、何も発言できず、検察側から一方的に流される情報だけに踊らされてしまっているような状況では。田原氏の引用をしたのは、検察というのはそれぐらい怖ろしい権力だということを、僕らはよく知っていなければならないと思うからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »