« 文は人なり、メールも人なり | トップページ | 自民圧勝の立役者・世耕弘成議員 »

2006年1月13日

最近見たDVD

年末年始は暇だったので、DVDで映画鑑賞をして過ごした。

1.The Interpreter:

国連を舞台にしたアフリカ某国の大統領暗殺計画。面白い。二コール・キッドマンはいいなあ。

2.アレキサンダー:

夢と現実、忠誠と裏切り。いつの時代もどこで線引きしたらいいか難しい。アレキサンダーのような指導者をもつことが、本当に幸せなのか考えさせられる。

3.シルミド:

金日成暗殺のための韓国の特殊部隊。死刑囚たちを集めて訓練したが、南北融和路線になり、彼らは厄介者に。殺されることになった彼らが取った非常な手段。実話をもとにした話で、権力の怖さといい加減さを考えさせられる。

4.ニュースの天才:

スター記者の特ダネ記事は、実は大半が捏造だったという実話。そこまで世の中をだませるのだから、素晴らしい。付録の、本人へのインタビューが映画より面白い。

5.亡国のイージス:

ものすごくつまらない。イージス艦という舞台設定のわりに、迫力がなにもない。こういう物語は、ハリウッドにはかなわないだろう。

6.宇宙戦争:

わからない。最終的に地球上の微生物によって異星の物体がやっつけられるのであれば、トム・クルーズたち人間は、一体なんの意味があるのか。

以上、簡単なまとめ。

|

« 文は人なり、メールも人なり | トップページ | 自民圧勝の立役者・世耕弘成議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近見たDVD:

« 文は人なり、メールも人なり | トップページ | 自民圧勝の立役者・世耕弘成議員 »